備忘録めもめも

極個人的な備忘録だけではもったいないと思いホームページにしてみました

サイト内検索


このサイトについて




カレンダー

2021年12月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村


PC 

MENU »ハードウェア »PC »中古パソコンを買う場合の注意点と対策

中古パソコンを買う場合の注意点と対策

2012 - 1 - 29

中古パソコンは正直あまりおすすめできません。
しかし「一時的に」「とりあえず」という場合に仕方なく利用する場合も多く見受けられます。

そこで中古パソコンを購入する場合によくあるトラブルと対策を以下に記します。

パソコンの動作が遅い

メモリ不足が考えられます。
特にWindowsVistaの場合512MB以下、WindowsXPの場合256MB以下の場合は
「使いモノにならない」程のレベルなので
購入後にメモリ増設する事をおすすめします。

方法は自分で行う方法と近くの電器店またはパソコン店で取り付けてもらう方法です。
その場合メモリの部品代(5000円程度)と取付作業費(3000円程度)かかります。

なので単純に価格が安いだけでなく
最低限メモリのスペックは意識して選んだ方がよいと思います。

セキュリティソフトが入っていない

当然セキュリティソフトは用意する必要があります。
これだけウイルスが蔓延している状況でセキュリティ対策しないのは愚の骨頂です。

自分の身を守るためだけでなく他人の迷惑にならないようにセキュリティソフトはインストールすべきです。

無料のセキュリティソフトもあります。
セキュリティソフトを偽ったウイルスもあるので注意して下さい。
こちらがおすすめできる無料のセキュリティソフトです。
http://www.kingsoft.jp/is

エクセルやワードが開かない

安いパソコンにはオフィスソフトが入っていないものがあります。
当然エクセルやワードは開けません。

マイクロソフトのオフィスは2万円以上するので高額です。
そこでオープンオフィスという無料でありながら
多くの企業、自治体、教育機関が使っているオフィスソフトをおすすめします。
http://www.openoffice.org/ja

DVDが書き込めない

DVDコンボだとDVDを読込む事はできても書き込むことはできません。
もしDVDを書き込む必要があるならDVDマルチの機種を選んで下さい。

バッテリーがすぐ切れる

バッテリーはフル充電しっ放しだと1年くらいでダメになります。
過充電対策をしていても3年以上すれば劣化します。

バッテリーは買うと2~3万円すると思いますので
中古パソコンの場合バッテリーの持続力は期待しない方がよいと思います。


    »
 
mixiチェック
メール